レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

秋田県の高校野球の不振の原因は、横並びを良しとする「秋田県社会」にある。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-09-02
 昨年の今頃、秋田県の「高校野球強化プロジェクト」の稚拙ぶりについて述べたことがあったが、今年も「夏の甲子園」の秋田県代表校は、東北勢で唯一、緒戦敗退という残念な結果に終わっている。
 著者は、学生時代、ある程度長い期間、他の球技を経験しているが、野球の経験者ではなく、今は一スポーツファンでしかない。昨年、秋田県の高校野球の強化のために、強化指定校の選出、全国の強豪校との実戦経験の必要性などを述べたが、相変わらず、県の「高校野球強化プロジェクト」では、わざわざ呼んだアドバイザーによる技術指導が中心であり、今後も期待は持てないだろう。
  
 よく、スポーツの世界で結果を残せなかった時、「われわれのレベルは上がっている。しかし、それ以上に、全国(あるいは世界)のレベルが上がっていた」と言い訳する指導者がいる。しかしこの状態では、永久に全国水準(世界水準)に追いつけないことになる。
 自分達のレベルを客観的に知るうえで、トップ水準のチームとの実戦経験は必要不可欠のものだ。それによって、全国一(世界一)になるために、われわれには何が必要なのか、何を実践しなければならないかが初めて見えてくる。全国選手権に出場したことが初の実戦経験では話にならない。こんなことが、秋田県では理解されないのだろうか。
  
 今回の県代表校の戦いぶりをみても、実力が圧倒的に劣っているわけではないものの、経験不足が随所に見られた。今後、秋田県の代表校が勝つこともあるだろう。しかし、この水準のままでは、全国大会の上位に進出することは不可能に近い。
 今年の全国上位進出校の打撃水準は、解説者らも驚くほどの高水準のものだったと言う。どういったトレーニングの末、彼らがそこに到達したのか。秋田県の高校野球の指導者は、県が呼んだアドバイサーの話を聞くのではなく、独自の、独創的なプランやトレーニング方法を希求する意欲が必要だろう。また、そういった秀でた指導者が出現した時に、初めて光明が見えるのではないか。
 今年好結果を残した、BJリーグ・秋田ノーザンハピネッツの中村監督の例を挙げるまでもなく、指導者の力量、情熱によって、スポーツの結果は大きく変わるものである。
 
 ところが、秋田県社会には、重大な欠陥、問題があるのだ。実力がある者、才能がある者を、「出る杭は打つ」とばかりにつぶす県民性、横並びを良しとする風土があるのだ。社会の健全な競争に反するような思考が秋田県にはある。その結果、秋田県は、実力のない者にとって居心地の良い社会となっている。
 スポーツの世界においても、当然、この社会環境が影響している。
 高校野球でも、実力の突出している学校はなく、均一的なチーム力の横並び状態が続いている。
  
 いつ頃から秋田がこのような県になったのか。
 1980年代頃の秋田県は、伸び伸びとした自信を持った社会であった気がする。

 優秀な選手や指導者の出現、育成が待たれる一方、今の秋田県社会と秋田県民の県民性が改善されない限り、高校野球や他のスポーツにおいても好結果を残すことは難しいだろう。
 
 
 
 
関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :スポーツ トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田県の「高校野球強化プロジェクト」の稚拙ぶり

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-08-23
    今年の「夏の甲子園」は、優勝、群馬県代表・前橋育英。準優勝、宮崎県代表・延岡学園で幕を閉じた。このうち、宮崎県では、県が2012年度から「夢・実現 甲子園優勝プロジェクト」に取り組み、一年で県勢初の決勝進出を果たしており、特筆されるのではないか。内容は、強化指定校4校の選出、強豪校との対戦のための遠征費のサポート、練習試合設定、県中学生選抜チームの支援など具体的でかつ、効果的なものであった。こうした県を挙げての熱意が結果を出したと言える。今年東北勢で唯一、初戦突破出来なかった秋田県においては、2011年から県教委の「高校野球強化プロジェクト」が発足しているようだが、その内容は、3人の委嘱アドバイザーによる県内高校への技術指導が中心となっており、具体性に乏しい。しかも、プロジェクトの目標が「今後5年間で全国ベスト4に入る」というものであり、驚きだ。知事や県教委の方々は、秋田県勢が1980年代に2度など、合計5度、ベスト4以上の結果を残した事実を知らないのだろうか。宮崎県のように優勝を目標に掲げるのが、当然であり、そこに、本気度が表われる。最近の秋田勢は、秋、春の東北大会においても計6校出場で、僅か2勝と実力が低下しているが、強化指定校の選出や強豪校との実戦による強化は必須だろう。口先だけでない中身のある強化プロジェクトが求められる。三年で3勝しただけで「一定の効果があった」という自画自賛はやめていただきたい。



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :スポーツ トラックバック:(-) コメント:(-)

    ワールドベースボールクラシック(WBC)の中継は、テレビ朝日系列とTBS系列に。「スポーツ立県宣言」をした秋田県で全試合を観れるのか?

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-02-21
     3月2日から開催される(第1ラウンド)第3回ワールドベースボールクラシック(WBC)の地上波中継放送の予定が発表された。テレビ朝日系列とTBS系列による中継となった。日本代表が2連覇を遂げた、前回の第2回大会の際、秋田県は全国でも数少ない決勝戦の放送を地上波で視聴できない地域となった。第2ラウンド、準決勝、決勝をTBSが地上波独占放送したため、系列局のない秋田県では、青森県境、山形県境付近の極一部地域と、ケーブルテレビ(秋田ケーブルテレビ)に加入している人以外の、広範な県民が視聴できなかった。福井県、徳島県、佐賀県でも、TBS系列の民間放送局がないが、それぞれ近隣の石川県、関西地区、福岡県にあるTBS系列局の放送を広範囲に亘って視聴可能であり、秋田県が全国で唯一、最も広範囲に亘り、「決勝戦」を観ることが出来なかった地域となった訳である。今回の放送では、日本が勝ち進んだ場合、11試合の中継が予定され、TBS系列が準決勝を含め6試合の放送予定となっている。(決勝はテレビ朝日系列) 今回も国民的な関心を集めるワールドベースボールクラシックの放送が、秋田県では一部しか視聴できないことが危惧される。
     秋田県では、現在の知事になり、2009年に「スポーツ立県宣言」がされている。また、昨年、県に「観光文化スポーツ部」が新設され、スポーツ振興課、文化振興課などが設置されている。県はスポーツや文化の振興に重点を置く姿勢を示していると思われる。
     また、TBS系列局の開設については、秋田県のウェブサイトの「県民の声」にも度々、開設を求める声が寄せられているが、県は、厳しい経済情勢を考えると、新たなテレビ局開設は難しい。「当面は、既存のテレビ局にTBS系の番組拡大などを働きかけてまいりたい」(県ウェブサイト)と回答している。今回のワールドベースボールクラシックの中継放送において、「TBS系の番組拡大を働きかける」という自らの言を実行するよう県に求めたい。
     臨場感のあるスポーツ番組の中継は、他のメディアではできない、テレビだけが実現できるものである。超一流のアスリートの真剣勝負の戦いを若い人たちに見せることは、何にも勝るスポーツ振興となる。県などは積極的に地元民放に働きかけ、必要ならば支援すべきではないか。
     先頃、秋田県では、韓国ドラマのロケが誘致され、県の働きかけで、「サポート委員会」が設置され、県や県内19市町村が、韓国のテレビ番組制作会社に公金を差し出したが、秋田県のテレビ視聴格差、情報格差、文化格差の問題に目を向け、こういった問題にこそ「サポート委員会」を設置し、県内市町村とともに取り組み、必要ならば支援もすべきではないのか。
     2010年(平成22年)6月のサッカー・ワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦、日本代表VSパラグアイ代表の試合を、TBS系列でない秋田放送が中継放送したという例もある。
     このままでは、WBCだけでなく、TBS系が国内独占放送している「世界陸上」などの中継も秋田県民は永久に視聴できないことになりかねない。
     真の「スポーツ立県」を目指すなら、世界最高水準の競技会を秋田県で視聴できないという問題の解消に努めるべきである。
     掛け声だけの、口先だけの「スポーツ立県宣言」なら県民にとって迷惑なことである。



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :スポーツ トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>