レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

郊外への進出と平成の大合併による拡大化を計った秋田市 ~ 一貫性のない「コンパクトシティー」の主張

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2017-09-05
 先日、秋田市新屋に、体験型施設「秋田市新屋ガラス工房」が完成したというテレビ番組を見た。この施設は、秋田公立美術大卒業生を嘱託職員として採用するなどの目的を持ち、総事業費12億5000万円の市費が費やされている。

 「 [秋田市新屋ガラス工房] 新政酒造の工場跡地約6500平方メートルに、木造平屋の工房と駐車場を整備。総事業費は約12億5000万円」 (2017年5月15日、河北新報 ONLINE NEWS)

 秋田市は最近よくコンパクトシティーを主張しているが、仮にその主張に沿うならば、この施設は、JR秋田駅前周辺の秋田市中心市街地に造るべきではないのか。中心市街地内に多数ある空き店舗を利用すれば、格安でオープン出来たはずである。
 しかし、この新屋ガラス工房は、現市長の選挙公約に組み込まれ、新屋地区住民の要望どおり、建てられている。

 また、選挙公約により、土崎地区には土崎まちづくり拠点施設、「土崎みなと歴史伝承館(仮称)」が建てられるという。土崎神明社祭の曳山行事の資料や太平洋戦末期に空襲を受け、今まで保存されていたにもかかわらず、今年4月に解体された、旧日本石油秋田製油所倉庫から搬出した柱、梁など展示する予定だとのことだ。
 これも戦後72年間残り、空襲の惨禍を生々しく伝えていた、旧日本石油秋田製油所倉庫をそのまま保存し、貴重な負の文化遺産、歴史教材として後世に伝えるべきではなかったか。

 このように、秋田市ではコンパクトシティーを主張する一方で、中心市街地以外に新たな公共施設を建設し続けている。これらは、あからさまな選挙目的と言えるだろう。

 また、秋田市では、昭和60年以降に、郊外への拡大化がなされ、御所野ニュータウンを造成するなどし、さらに、平成の大合併では河辺町、雄和町を編入する (平成17年) など、都市の拡大化が計られ、コンパクトシティーとは真逆な道を現に歩んできている。
 今頃、コンパクトシチィーを主張するとは、全く一貫性のない、矛盾した主張である。

 因みに隣県の山形市では、平成の大合併をせず、面積は381.3平方キロメートルで、秋田市 (面積 906.1平方キロメートル) の半分以下である。
 山形市長さんは、「『コンパクトシティー』という言葉を最近耳にしますが、山形市は平成の大合併をしておらず、もともとがコンパクトなんです」と語っている。
 人口密度は、山形市が662人/平方キロメートル、秋田市が344人/平方キロメートル (2017年5月1日現在の推計) とほぼ倍の差がある。

 また、秋田市中通一丁目再開発では、コンパクトな街づくりの観点から市民によって同地区への市役所の移転新築が提案されたが、これについては深く検討されず、県が進める県立美術館の移転新築を含む計画案が実施されている。市がコンパクトシティーを標榜するのなら、中心市街地への市役所の移転新築が最優先ではなかったのか。

 そして、総事業費135億円 (うち公費112億円) の中通一丁目再開発の完成、終了後、事業費130億円の市役所が山王地区のNHK秋田局跡地に建てられるという事態となっている。
 中通一丁目地区への市役所移築が実現していれば、135億円の支出はおさえられた。
 未来の街づくりと財政規律、有効な財政支出の面から見ても、中通一丁目地区への市役所移築が最善ではなかったのか。

 また、現秋田市長が、新屋地区、土崎地区では、新たな公共施設を建設しておきながら、外旭川地区への民間資本の参入 (イオン出店計画) には、「コンパクトシチィーの考えとは相いれない」と理由付けし、否定しているのはおかしな話である。
 加えて、コンパクトシティー理論の成功例は、全国的にほぼ皆無だ。
 20年、30年後を見据えたうえでの 「秋田市の活性化」を判断の基準とすべきである。

 この時代に、この秋田市に参入しようという民間資本を拒絶すべきではない。受け入れるべきである。

 都市を活性化させるのは、役所や公務員、公共施設ではなく、市民や民間の力である。





お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :秋田市 トラックバック:(-) コメント:(-)

    「コンパクトシティ」という幻想を掲げ、JR駅周辺部にだけ開発を進める秋田市 (2015.9.10)

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2015-10-10
     9月1日、県と秋田市は、新複合文化施設を現県民会館の所在地に共同で建設する方針とともに、旧県立美術館を市が管理し、秋田公立美術大の学生や市民の展示施設とする案、JR秋田支社の建て替え等について発表している。

     JR秋田駅周辺を「県都の顔」であるとし、秋田市では「コンパクトシティ」構想による街づくりを主張、この地区の整備、再生こそ、県や秋田市にとって、何にも増して重要だという片寄った認識の下、計画されたと理解される。

     一方で、秋田市では、市北部の外旭川地区に、流通大手のイオングループによる出店計画があり、これについての許認可の問題があるが、秋田市では「コンパクトシティ」を理由に否定的な立場をとっている。

     しかし、昭和3~40年代から、秋田市の歴史を振り返ってみると、秋田市が主張する「コンパクトシティ」構想は、既に、遠い昔に崩れ去ってしまった「幻想」と言えるだろう。
     
     昭和40年代、50年代当時は、秋田市では、国鉄(当時)秋田駅前から千秋公園の堀の道路を挟んだ向かい側、広小路に、多種多様な商業施設等が集約されていて、その延長線上の西側に位置する、山王方面の官庁街とともに、コンパクトな街並みが形成されていたと言える。

     しかし、昭和60年に、将来の人口増を見込んだ「御所野ニュータウン」が秋田市東部に起工され、後を追うように、大規模ショッピングモールが出現、その後、今日に至る、広小路など中心市街地の衰退、空洞化への大きな要因になっている。

     秋田市は、人口40万人への増加という甘い見込みから、コンパクトシティとは、真逆な郊外への拡大の道を歩んだのである。

     また、秋田市は、面積が906平方キロメートルと相当広く、多くの市民が居住する地区が古くから多数存在している。因みに東京23区の面積は、合計で622.99平方キロメートルである。

     行政コストの削減を謳った「コンパクトシティ」の下、仮にJR駅周辺部に施設を集約させても、各地域から、徒歩で移動することは困難であり、住民の移動コストはかえって増大する。行政コストの削減効果も期待できない。

     秋田市に限らず行政は、各地域に暮らす市民に、公平な住民サービスを提供する義務がある。JR秋田駅周辺の住民や商業者だけが利便性や恩恵を受けるようなことがないよう、平等な行政が求められる。

     既に郊外への拡大が十分に進んでいる秋田市のような都市において、「コンパクトシティ」の構想は、もはや意味をなさず、中心市街地に新たな公共施設等を建設するための、都合のよい口実にされているだけである。
     
     「コンパクトシティ」構想のために、各地域の実態の検証もせず、国の補助金が充てられるのであれは、国民全体にとっても無駄金と言える。

     また、現在、秋田市では、北部の外旭川地区において、イオングループの出店計画とともに、JR新駅の構想があるるが、現秋田市長は、イオングループの出店については、「コンパクトシティ」の構想を理由に難を示し、新駅構想については推進する姿勢を示している。両構想ともに「外旭川」地区の住民にとって密接な繋がりがある計画であることは言うまでもない。

     このダブルスタンダード(二重基準)は、現秋田市長が、秋田市の将来へのしかりとした理念、構想を持っていない表われと言えるだろう。

     この市長にとって、選挙において、当選のために公約として自ら羅列したものは、何にもまして変えがたいものなのだろう。 

     「イオングループの出店計画」は、外旭川地区だけでなく、秋田市全体の雇用の拡大を見込めるものであるし、外旭川地区だけでなく近隣の将軍野、土崎地区等の住民の利便性にも繋がり、秋田市全体の商業活動の活性化にも繋がることが予測される。
     JR新駅構想より、こちらの構想が優先度が高く、推進されるべきであると考える。





    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :秋田市 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>