レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

放出続く放射性セシウム … 「がれきを動かすこと自体危険」チェルノブイリ研究者が懸念

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2012-03-16
 福島第一原子力発電所の事故により大気中に放出された放射性セシウムの総量は、約4京(けい)ベクレル(京は兆の1万倍)という膨大な量に上り、従来の推計の約2倍であることを気象庁が公表した。今回は北太平洋79地点で採った海水の放射能の実測値をもとに算出しており、これまでの試算に比べ、より実態に近いデータと期待されているとのことだ。
 また、事故発生当初より、大幅に減少したが、今年1月22日~28日の1週間に放出された放射性セシウムの量は、昨年12月と比べ1200万ベクレル多い、毎時7200万ベクレル(東電の推定)であったことが分かった。東電は、当分の間、この水準が続くと見込んでいるとのことだ。


「東京電力福島第一原子力発電所の事故によって大気中に放出された放射性セシウムの総量は、最大約4京(けい)ベクレル(京は兆の1万倍)に上るという試算結果を気象庁気象研究所などがまとめ、28日公表した」(2012年2月29日、朝日新聞デジタル)

「旧ソ連のチェルノブイリ原発事故での放出量の約2割に相当し、従来の国内外の機関による推計値の約2倍だ」(2012年2月29日、朝日新聞デジタル)

「二十二~二十八日の一週間、福島第一原発では、新たに大気中へ放出される放射性セシウムの量が昨年十二月より増えていることが分かった。東電の推定では、1~3号機からの放出量は合わせて毎時七二〇〇万ベクレルで、昨年十二月より一二〇〇万ベクレル多かった」(2012年1月29日、東京新聞 TOKYO Web)

「これまでセシウムの放出量は順調に減り、現在は事故当初の千百万分の一にまで減少。しかし、東電は『今後は劇的に減らすのは難しい。当面はこの水準が続く』と見込んでいる」(2012年1月29日、東京新聞 TOKYO Web)

 また、名古屋大などの研究チームが、福島第一原子力発電所から放出された放射性セシウムの全国分布を推定した地図を作成したが、セシウムは北海道から中国地方にかけた広い範囲に沈着していることが分かった。この全国マップは、各地の自治体が計測した連日の降下量データをもとに、大気中の拡散をシミュレーションし、土壌への沈着量を推定したものだ。             
セシウム汚染 全国マップ(グーグル検索)


 秋田県全域は、奥羽山脈が拡散を遮ったためか、東北の中では奇跡的に50ベクレル/キログラム以下の水準である。比較的低水準の汚染が続いている中でこれ以上の汚染を防止する対策が重要なのではないかと考える。

 チェルノブイリ原発事故で内部被曝の研究をした、来日中のユーリ・バンダジェフスキー氏(ゴメリ医科大学[ベラルーシ共和国]初代学長)は、これまで指摘されている放射性物質の甲状腺などへのがんの誘発などのほか、心臓など臓器への影響も指摘し、また被曝の影響は胎児や子供に大きく生じることを指摘している。

「放射性物質の体内取り入れの影響として、これまで甲状腺などへのがんの誘発や白内障などの影響が指摘されてきたが、ユーリ氏はそのほかに心臓など臓器への影響を指摘。自身の研究のデータを示し、『心臓など重要な臓器にセシウム137が蓄積され、心筋障がいなど心臓の疾患が引き起こされやすい』と説明した」(2012年3月12日、毎日JP)

 また、沖縄県の仲井真知事が被災地のがれきの受け入れを検討していることについて、
「がれきを動かすこと自体危険だ。放射能汚染がない地域にあえて持ち込むことはない。汚染しない野菜を栽培する場所が必要だ」(2012年3月12日、毎日JP)と懸念を示し、震災がれきの移動を止めるよう、警鐘を鳴らした。

 チェルノブイリ原発事故後の人体の内部被曝調査をした専門家の指摘を重く受け止めるべきである。

チェルノブイリ研究者 懸念(グーグル検索)


 政府は13日、広域処理に加え、東日本大震災で生じたがれきを再生利用することにより、津波から住民を守る防潮林や避難用の高台を整備する方針を示したと言う。

 大量に投入すれば、現地の雇用を生み出すことにもなる、震災がれきや汚染土壌を除染できる移動式の処理装置も開発されている。

「石川県の中小企業二社が、震災がれきや汚染土壌から放射性物質のセシウムを除去した上で、容量を減らすことのできる移動式の装置を開発した」(2012年3月14日、中日新聞 CHUNICHI WEB)

 震災がれきは、広域処理より、防潮林や高台の整備に再生利用するなど、可能な限り、現地で処理することが最も望ましいのではないか。




当ブログでは下記の記事をお薦めいたしております。


<お薦め記事>
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
美術館と自然光について
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」
藤田嗣治画伯の「秋田の行事」はあの建物と一体になってこそ秋田の宝
レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :リポート トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>