レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

震災がれき広域処理分、大幅減の見込み。首相、140キロの防災林にがれき利用を表明 ― がれきの広域焼却処理は可能な限り中止すべきである

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2012-04-26
 宮城県の村井知事は、宮城県外で処理が必要となる震災がれきの広域処理分の総量が、当初想定した約350万トンより、大幅に減るとの見込みを示したという。当初の想定より海への流出が多く、震災がれきを再利用した防災林や道路のかさ上げの議論が進行していることが影響しているとのことだ。

「震災廃棄物(がれき)を巡り、村井嘉浩知事は23日、県外で処理が必要となる広域処理分の総量が、当初想定の約350万トンより『相当量減る』との見込みを示した」(毎日新聞 2012年4月24日 地方版)

 また、野田首相は、23日のTBSテレビ「ニュース23クロス」の中で震災がれきを再利用し、青森県から千葉県までの太平洋側海岸線約140キロにわたって防災林を整備する方針を表明したと言う。防災林の盛り土にがれきを使い、がれき処理対策、津波対策の両面の効果を期待すると言う。少々、遅い発表だが、震災直後に設置された「復興構想会議」なるものが、震災がれきの処理について具体的で、実効性のある対策を提言できず、建築家、安藤忠雄氏の「鎮魂の森」構想のような観念的で悠長なものしか提言できなかったことも大きく影響しているのではないかと考える。

がれき 防災林(グーグル検索)


 震災がれきの広域処理分の量が、政府が3月に大々的に宣伝したものより、大幅に減少することが明らかになり、少々遅い発表だが、政府により、焼却処理ではない、防災林の整備に再利用するがれき処理方法が実施されることが分かった今、被災地以外の自治体のがれき受け入れは、中止することも考慮すべきである。
 秋田県内においても、秋田市などが、震災がれきを受け入れ、焼却処理をする計画のようだが、焼却処理以外のがれき処理の議論の進行を見守り、焼却処理は控えるなど、慎重に対応してもらいたいものである。今一度、真の被災地の復興支援の在り方を考え、実行すべきである。



当ブログでは下記の記事をお薦めいたしております。

<お薦め記事>
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
美術館と自然光について
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」
藤田嗣治画伯の「秋田の行事」はあの建物と一体になってこそ秋田の宝
レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :リポート トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>