レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

秋田県が出版大手と連携・協力協定 … イメージ優先の観光PRならば止めるべき

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-04-29
 先月末頃、秋田県と出版大手KADOKAWA(旧角川ホールディングス)が、連携・協力協定を結んだとの報道があり、出版関係の一企業と県が協定を結ぶとはどういうことなのかと思っていたら、今月から新県立美術館で、「角川大映映画展」が始まったとの新聞報道があった。
 そして、秋田市中通のにぎわい交流館前の広小路沿いに高さ5メートルもある「大魔神像」が、映画展のPR目的のために、設置されたという。6月15日までの期間限定だそうだ。京都・太秦(うずまさ)の商店街からわざわざ運んだらしいが、これらには、映画展開催の費用などとともに、連携・協力協定に基づき、県費が使われているのは間違いないだろう。
 秋田県はまたしても、一過性の効果しか期待出来ない、単なる話題づくりに過ぎないようなことをやろうとしているようだ。全くの不成功に終わった、8300万円を費やした昨年の韓国ドラマロケ誘致と全く同じ発想、手法しかできないようである。
 結局は、企業のPRに利用されるだけで終わるだろう。おそらく、何者かが持ちかけた話を安易に実行したのだろうが、県民の利益、幸福に結び着かない、一過性の効果しかないことに県民の血税を使うのはもう止めていただきたいものである。
 しっかりとした戦略のうえに立った事業なら、将来に良い影響を残すだろうが、イメージを優先させた、思つきのような事業ならば、県の発展や、県民の幸福に役立たないし、やらないほうがまだ良い。

 また、最近の秋田県のすることは、数年前、高さ9メートルの秋田美人の大広告を、東京・銀座に3週間だけ立てたり、今回の期間限定の「大魔神像」の設置など、派手で目立ちさえすれば、観光なりに効果があると思っているような、短絡的思考が感じられる。

 長期的な視点で、秋田の観光の質を高め、強くするような取り組みが見えない。

 大きさを誇示するような、低レベルな観光PRは、無駄遣いに過ぎず、不要である。

 また、秋田市中心部に設置するのに相応しい「像」は、与次郎というキツネの石像や、「大魔神像」ではないということは、秋田市民なら皆分かるはずである。
 例えば、秋田市の伝統行事「竿灯」や「梵天」をモチーフにしたもののほうが余程相応しいのではないか。あるいは、秋田県全体として考えれば、「なまはげ」や「秋田犬」のモチーフも考えられるはずだ。

 また、一秋田市民として、 与次郎というキツネの像、キャラクターは、もう勘弁して欲しい と願っている。 




お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :観光 トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田らしい「おもてなし」とは何なのか

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2014-02-03
     昨年夏頃に秋田の地元紙に掲載された県知事の広告に、秋田県では、今後、人口増加が見込めないことから、県は、交流人口の拡大を図っていくとあった。しかし、交流人口=観光客等の拡大に努めているのは、全国どこの自治体も同じことではないのか。何も秋田県ばかりのことではない。在り来たりでない、独自の、効果のある取り組みが各自治体に問われている。

     人口減が全国で最も著しい秋田県では、秋田の現状はやがて世界が辿る「あしたの国」であるなどとして楽観視する見方があるが、秋田県社会が解決すべきことだという意識、自覚がそこにあるのだろうか。地元メディアなどの報道を見ると、人口減は、日本全国同じ状況だ。東京一局集中が悪い。行政には責任がないと言うような論調が見られる。
     ならば、一局集中を変えようとする取り組みや、他の自治体と連携し、国に働きかける取り組みが、秋田県の行政にあったのだろうか。

     どうも、秋田県では、現状に変化を求めない安定志向や、どんなに秋田県が危機的で、自殺率、死亡率、高齢化率、婚姻率など様々な分野で、全国の他県より劣っている状況にあったとしても、自分たちが楽であればそれでよしという傾向、社会の雰囲気が感じられる。
     その一つの象徴として、「あんべいいな秋田県」という県のキャッチコピーにも表れている。

     また、全国の都道府県はどこも観光を重視しており、しきりに「おもてなし」が叫ばれているが、秋田県でも、JRの秋田デスティネーションキャンペーン(秋田DC)を機に、「秋田、総おもてなし宣言」がなされたりした。
     観光などで他国や他県から訪れた人々への本当の「おもてなし」とは何なのか。それは、決して掛け声だけではないし、うわべだけの親切心や見栄を張った振る舞いでもないはずである。

     先日、「県庁おもてなし課」で話題になった高知県の旅を取り上げたテレビ番組を見たが、出演者が、 真のおもてなしとは「全身全霊で相手に喜んでもらおうとする心だ」 と言っていた。
     また、広島県では、観光客を全力でもてなす「県庁『全力歓迎課!』」が話題になったこともある。

     秋田県においては、かつて、1961年(昭和36年)の秋田国体開催以降、秋田県民の「まごころ」が全国的にも評判になり、1970年代、80年代頃までは、まごころに溢れた秋田県民が多かった気がする。
     今日では、社会全体が個人主義的傾向が強くなったこともあり、秋田県民の気質も大分変わってしまったようである。

     秋田県らしい「おもてなし」とは何なのか。
     それは、都会人のような気の効いたことは出来なくても、心底相手を思った、 嘘偽りのない真心の籠った「もてなし」 ではないだろうか。少し前までそういう人が、秋田には大勢いた。

     そういった人が、また秋田に増えれば、秋田の抱える様々な課題も解決へと向かって行くと著者は考える。




    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :観光 トラックバック:(-) コメント:(-)

    JRグループの「秋田デスティネーションキャンペーン」(秋田DC)と期待できないCM

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-09-02
     10月1日からJRグループが行う「秋田デスティネーションキャンペーン」(秋田DC)。12月31日までJRグループ各社が秋田を全国にPRするキャンペーンだと言う。年に3箇所ほどのキャンペーンが行われ、今年は仙台・宮城(4月1日~6月30日)、広島県(7月1日~9月30日)で既に行われた。昨年は、岩手県(4月1日~6月30日)、北海道(7月1日~9月30日)、山陰(10月1日~12月31日)、京都市(1月1日~3月20日)だったらしいが、地方都市、秋田市に住んでいるとほとんどその記憶がない。秋田県単独では、1984年、1997年に次いで3度目で、東北6県や北東北でも過去に6回あった。JRグループの列車利用客の増加も見込めるので、主要な駅や電車内での広告、テレビCMに纏った経費を掛けるらしい。
     今回の秋田DCでは、吉永小百合さん出演のテレビCMが製作され、藤田嗣治画伯の「秋田の行事」と新県立美術館のCMとなまはげのCMが作られたという。企画に斬新な印象がなく、期待は薄いだろう。「秋田の行事」は、世界でも稀な大壁画だが、美術ファン以外が興味を示すことは少ないだろうし、それだけで旅行客が集まることは少ないだろう。もの珍しさだけで訪れる場合もあったとしても、リピートが期待できない客ばかりだろう。また、「なまはげ」では、既に知名度が全国区であり、新鮮味がまるでない。また、キャンペーン中、臨時列車が多数運行され、その中に「増田の蔵号」(秋田~十文字間を11月16日に運行)、秋田内陸縦貫線経由の直通列車「森吉山麓紅葉号」(角館~弘前間、10月19・20・26・27日に運行)もあった。寧ろ、増田の蔵や秋田内陸縦貫線、森吉山麓の紅葉などを紹介したCMであれば、今まで全国にあまり知られてなく、とても新鮮な印象があったことと思う。各地のDCでの効果を見ると、今年4~5月の宮城県内観光客が前年比12.4%増などの例もあり、増加は当然あるだろうが、DCの時だけ客が増えてもあまり意味がない。一過性の効果しか期待できないキャンペーンを盛り上げるより、観光資源のクオリティを高める努力をすべきだろう。



    <追記> 9.3
     吉永小百合さん出演のCMは、現県立美術館(平野政吉美術館)にて撮影され、新県立美術館と合成したものとのこと。このCMでは「秋田の行事」の大きさはある程度伝わるでしょうが、壁画の迫力までは伝わっておりません。
     また、新県立美術館の展示室では、現県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室で観た時と同じような臨場感、建物との一体感は感じないでしょう。
     40数年の歳月を経て、重厚感、趣きを増していた、広さ550平方メートル、天井高18メートルの現県立美術館(平野政吉美術館)の展示室からの移転は、本当に惜しまれます。


    P1010180_03 平野政吉美術館(2013年6月)

    秋田の行事
    (http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/leonardfoujita_tabi/33710.html)
    【現県立美術館(平野政吉美術館)と「秋田の行事」の展示状況】

     「秋田の行事」が8月31日に移転され、藤田嗣治が教示した最も良い展示の姿を、全国からの観光客の方々にお見せできないことになり、残念です。


    <関連記事>
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の優れた展示状況、春の風景 … この貴重な美術館を閉館すべきでない。
    大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
    藤田嗣治「秋田の行事」の魅力
    現秋田県立美術館の展示室が優れているこれだけの理由
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」






    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :観光 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag : JR 秋田DC
    My Yahoo!に追加
    << topページへこのページの先頭へ >>