レンサバを借りると

<< topページへ次のページへ >>
TOP

市民感覚との共有が見られない秋田県、秋田市の行政 ~ アメリカには、「民主主義の最高機関は市民である」という言葉がある ~

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-05-20
 2カ月ほど前のNHKテレビ「クローズアップ現代」(2014年3月6日)のインタビューの中で、昨年11月に就任したアメリカのキャロライン・ケネディ駐日大使が、ケネディ・スピリットをどのように生かすかを問われ、

「 … 私はことば、そして人の思いが力を持っていると信じています。
すべての市民には自分の国や社会について学び、自分の考えを表明する権利があるのです。
アメリカには、「民主主義の最高機関は市民である」ということばもあります。
より多くの人が議論に参加すれば、新しい発見があります。 … 」

と述べていた。
 アメリカ社会の民主主義の一端が見えるような気がした。

 ちょうど同じ頃、秋田の地元紙のコラムで、秋田県出身でニューヨーク在住の大学教授が、安倍首相の靖国神社参拝に関連して「米国での長い生活経験を持つ筆者が感じる米国の市民感覚は『ヒトラーと同じトウジョウを首相が参拝するのは許せない』が一般的である。米国の政策立案者はこれほど単純ではないにせよ、この市民感覚を共有する」(2014年3月14日、秋田魁新報)と述べていた。
 アメリカ社会において、政策立案上、市民感覚との共有が重視されていることが窺われた。 (著者は靖国参拝問題については、日本の内政問題と捉えている)

 この二人の声から、アメリカでは、社会における「市民」の位置は極めて高く、行政を担う側にとっても、市民との感覚を共有することが、業務を遂行するうえで、必要不可欠であることがよく分かる。

 一方、秋田県、秋田市の行政を振り返って見ると、県民、市民の感覚とあまりにかけ離れた行政が行われていることに改めて気づく。
 県民、市民が望んでいない施設を、再開発組合=ゼネコンのため?に、巨費を投じ建てた秋田市中通の再開発事業 (総事業費135億円、うち83%、112億円が公金)
 八幡平の事故で残ったクマ、しかも秋田の固有種でないヒグマのために、3億5千万円を掛け建設した熊の居住施設。
 人口の激減が進行する中、今後さらに減少が進むことが予測されているにも拘わらず、新公共文化施設の建設に200億円という数字を出した県知事。
 先日発表された内閣府の「がんばる地域交付金」の交付額で、行革努力が県内最低のため、補助率も県内最低の中、135億円超の新市庁舎を現在建設工事中の秋田市。
 さらに、この秋田市では、先日、市職員が収賄容疑で逮捕される汚職事件が起きたが、事件が起きた上下水道局の仁井田浄水場も、150億~200億円を投じ、全面改修される予定とのことである。
 こうした秋田県、秋田市の行政は、市民感覚から遊離しているように思えてならない。

 秋田県、秋田市の行政担当者、政策立案者らは、いかにして、施策において県民感覚、市民感覚との共有を図るかを意識したことがあるのだろうか。
 形式的なパブリックコメントの募集などは意味のない無益なものだ。
 また、県や市などは、何か事業計画などがあると、行政サイドが人選した「有識者委員会」等を作り、ある種の片寄った権威付けをし、正当化を図っているが、こういった方法はもう時代遅れの手法である。

 こういった手口で、公共施設等を造ったとしても、利用する側の県民、市民にとって、利便性や快適性、満足度の少ない物を造ってしまえば、結果的に行政にとっても、県民、市民にとっても大きな損失となるだけである。そして、県外資本の施工業者らだけが喜び、県、市はさらに衰退するという悪循環 …… 。

 こういった事態はもう避けるべきだし、市民、県民は、このような行政に厳しい眼を向けるべきであり、何も言わない横並び志向だという県民気質を改める必要があるだろう。





お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    危機意識が不足している秋田県の経済雇用対策

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-01-10
     現在、秋田県知事をされている方が、1月4日の年頭記者会見で、経済雇用対策を県政運営の最重点を置く分野として挙げたとのことだが、最近の秋田県の企業誘致の現状は極めて厳しい状況にある。秋田県において、1億円以上の投資で、10人以上を雇用する企業の誘致数は、2008年度が2件、2009、2010年度が0件、2011年度は2件と極めて少ない。

     「1億円以上の投資で、10人以上を雇用する企業の誘致数は、2008年度が2件、09、10年度がゼロ、11年度は2件だった」(2012年5月20日、河北新報)

     秋田県では、岩手、宮城両県に集積している自動車関連産業に着目し、自動車部品産業の誘致を図ったが効果がなかったとのことだ。誘致を目指した業種の着眼点は正しかったのか。将来成長を見込める他の分野に着目すべきではなかったのか。また、TDKが組織再編を発表し、県内にある工場が閉鎖されたことなどもあり、県では、新規企業誘致から、誘致済み企業への支援に方向転換しているとのことだ。消極的な対策であり、秋田県の現状を考えるとこれが十分な雇用対策とは思われない。また、県知事をされている方は、年頭記者会見で「地域の小さな企業でも可能性を秘めているところに光を当てる」(2013年1月5日、秋田魁新報)と述べているが、これは、中小企業の振興策であって、即効性が求められる経済雇用対策としては不十分である。
     雇用情勢、若年層の県外流出、人口減少率日本一など秋田県の置かれた厳しい状況を考えれば、新規企業の誘致、誘致済み企業の支援、中小企業振興のすべてにおいて、総力を結集した、実効性のある対策が望まれることは言うまでもないことである。とりわけ、新規の企業誘致には明確な結果を出すことが求められるだろう。





    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    現在、秋田県知事をされている方の思考判断の基準について

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-12-29
     現在秋田県知事をされている方は、25日の記者会見にて、今年の県政運営を自己採点し、75点と自己を評価したと言う。

     「今年の県政運営の自己採点では『75点ぐらいは頂きたい』とした」(2012年12月26日、秋田魁新報)

     しかし、その中で 「外的な要因はあったが、経済雇用対策がうまくいかなかった」(2012年12月26日、秋田魁新報) としている。
     県民生活の根幹である経済雇用対策が不十分で、効果がなかったことを自ら認めて、高い自己採点をするとは、この方は自らにやさしいようである。県民レベルは、採点不能の水準だ。経済雇用対策は秋田県が抱える、自殺率17年連続日本一の問題、人口減少日本一の問題、若年層の県外流出の問題などに直結しており、最重要課題であるはずだ。
     この方は、かつて、知事就任1年を迎えた新聞インタビューで、「企業誘致ゼロと指摘されるが、4~5年の仕込みが必要だ。目に見える実績はなかったが、(産業基盤の育成に向けた)種まきは出来た」(2010年4月21日、読売新聞) と述べていた。経済雇用対策に対するこの方の思考基準があるようだ。「種まきが対策である」と理解しているようだ。企業誘致においては、命懸けの気概、判断がなければ成功しないだろう。
     一方、この方は、公共事業などについては、反対があっても突っ切って推し進めることを思考の基準としいるようだ。秋田中央道路建設については「道路が開通したら反対の声はなくなった」(2010年3月3日、秋田魁新報) とし、かつての大王製紙誘致について「(誘致に)突っ切っておけばよかった」(2010年3月3日、秋田魁新報) と述べている。
     秋田市中通再開発や、今回の3億4800万円の熊施設建設も周囲の声を無視し、突っ切って推し進めている。その後の誘客などに、さらに県費をつぎ込むなど、浪費が続く。これで秋田県が抱える課題の解決に繋がるのか疑問だ。
     この方は、県民生活とか、県民の思いといったものは、お構いなしに、突っ切って事業を進めれば、後は反対の声はなくなるものだと言う思考基準で県政運営をしているようだ。
     こういった方に、県政運営を任せてよいのかよく考えるべきである。





    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    自殺率17年連続日本一の秋田県、熊の施設に3億4千万円の県費投入

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-12-26
     首都圏など秋田県外に居住した時、秋田県の話題でよく目にすることに、秋田県が日本一自殺率の高い県であるということがある。この秋田県が昨年の自殺率も全国一であることが、今年6月に発表された。なんと17年連続であるとのことだ。この事態は、行政の責任でなくして誰の責任と言えようか。また、行政を頂点とした秋田県社会全体の社会主義的、閉鎖的な構造にも重大な問題があると言えよう。
     この秋田県の鹿角市の八幡平クマ牧場で、今年4月に起きたあまりに悲惨で痛ましい、施設から逃げたヒグマによって2人の従業員の方が亡くなるという事故が発生した。この事故は、秋田県において、あまりに劣悪な飼育環境の動物施設が存在していることを日本中、世界中に知らしめる結果となり、また、秋田県も行政の指導監督責任を認めた。
     残されたヒグマ20頭がどうなるかについて、北秋田市の阿仁熊牧場が受け入れ、県が3億4800万円の予算で新施設を建設することになったと言う。残された熊の処置について、まず第一に、殺処分は避けるべきであり、第二に、県民負担は極力抑える方法を考え、県費は他に向けることを考えるべきだろう。それが行政の役割だ。自殺率日本一の秋田県においては、なおさらである。また、被害者の遺族の方々の心情を考えれば当然ではないか。3億4千万円も熊施設に費やす行政の感覚は信じ難い感覚だ。日本中から物笑いの種にされることが危惧される。
     残された熊は、現在の八幡平の施設において、最低限の補修をし、動物愛護法の範囲内で終生飼養すべきではなかったのか。





    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田市、秋田県内各地で長期間、震災がれきを焼却処理することへの懸念

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-09-06
     9月4日から、秋田市で、東日本大震災で発生した岩手県野田村のがれき(可燃物)の受け入れが始まり、焼却処理が実施されたとのことだ。2014年3月末までに、19,770トンを搬入する予定だと言う。さらに秋田県では9月11日に、横手市、湯沢雄勝広域市町村組合、9月25日には由利本荘市でがれきの搬入が開始される予定だとのことだ。

     新聞報道によると、「東日本大震災の災害廃棄物(震災がれき)について、岩手県から県内へ受け入れる量が、当初予定の13万5300トンから4万9000トン減り、8万6300トンになることが9日、分かった。国が被災地の震災がれきの量を精査して広域処理に回す量を見直したためで、環境省から8日、県に連絡があった。」(2012年8月10日、毎日新聞 秋田版)とのことだ。
     8万6300トンのうち不燃物6万6300トンは岩手県内での処理が検討されており、その場合、秋田県内で処理する震災がれきは2万トンにまで減ることになると言う。

     また、8月上旬に、環境省が被災地での処理が進んだため、新たながれき受け入れ先の調整はしないと、全国各県に通知したことにより、検討していた自治体でがれき受け入れを中止するケースが多く出ている。

     そうした状況の中で、秋田県では、既に宮古市のがれきを受け入れている大仙市に次いで、今月から、秋田市、横手市、湯沢雄勝広域市町村組合、由利本荘市で受け入れを開始すると言う。
     特に、9月4日から受け入れを開始した秋田市では、2014年3月末まで受け入れ予定だとのことだ。放射性物質の拡散への不安や懸念を持つ人達、幼い子供達への影響を心配する親達、農作物への影響や風評被害への不安を持つ農家の人達のことを考えれば、これほど長期間に亘り不安な状態を強いることが許されて良いのだろうか。
     また、農業県、秋田県のこれだけ多くの地域が被災地からのがれきを受け入れることによって、秋田県全体が、風評被害に合う恐れがあることを県などは認識しているのだろうか。
     環境省の調査の度に、被災地がれきの広域処理必要量が大幅に減り、方針も変わっている。
     また、5月に行った被災地のがれき量の見直しによって、宮城、岩手両県ともに、県内の既存の施設と7月に稼動した仮設の焼却・溶融炉、合計31基の処理能力によって、すべて、期限内に県内での処理が可能になったことが、研究者によって明らかになっている。 
    詳しくは がれき広域処理の合理的根拠なし② 合同調査チーム緊急速報
    http://eritokyo.jp/independent/aoyama-democ1535..html

     また、5月に行った震災がれき量の見直しの際、岩手県については、広域処理希望量が120万トンに増加したと発表され、広域処理が必要だと強調されたが、この数字には、焼却処理を必要としない土砂を含む不燃物89万トンがカウントされていたことが分かっている。
     さらに、宮城県議会では、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)を活用した「森の防潮堤」構想実現に向けた決議が全会一致で可決されるなど、議会内で「広域処理は不要な状況だ。国が『やれ』というからやっているだけだ」と論じられている。

     被災地のがれき処理のはっきりとした見通し、方針も示されていない現状で、秋田市や秋田県内の各地で、震災がれきの焼却処理を長期間に亘り実施すべきではないだろう。



    <関連記事>
    岩手県野田村のがれき処理、復興の現状
    秋田市のがれき燃焼試験結果「がれき混入焼却灰 100ベクレル」は、安全を保証しているか
    がれき焼却、「希釈」は国際合意に反している
    がれき広域焼却処理の根拠がなくなったことが判明!!… 被災地で進むがれき利用の『森の防潮堤』づくりが最善の解決方法である






    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>