レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

岩手県野田村のがれき処理、復興の現状

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2012-06-20
 秋田市ががれき受け入れを決めたと言う岩手県野田村の震災がれきの現状はどのようなものだろうか。
 野田村のがれき総量は約14万トンであり、村内8カ所の仮置き場にがれきが置かれている。
 そのうち、秋田市が受け入れを決めた可燃物がどれ位かはデータがないが、岩手県全体では、がれき総量525万トンのうち、焼却処理分は約20%である。
 仮置き場は三陸鉄道沿いや、旧野田保育所跡、旧村営住宅跡、野田港そば、国道45線沿いなどにある。
 これらは海沿いにあり、現在居住者のいる地区はない。少し前、国道45号線沿いに10メートル位の高さのがれきが積み上げられていたとの報道を見たが、現在は、他の場所に移され、きれいに処理されている。(4月24日の野田村観光協会のブログにて確認)
 メディアによる、現状を正確に伝えていない情報によって、読者が惑わされた可能性が否定できない。

 「昨年8月、帰省中に車で岩手県野田村を通りかかると、国道45号沿いに積み上げられた高さ10メートルぐらいの震災がれきの山が目に入った」「県内はもちろん、全国の自治体でがれき広域処理への協力が進むことを期待したい」(毎日新聞 2012年5月23日 地方版)

 また、野田村では、4月に、被災住民のうち、100世帯の高台移転が決まっている。

 「震災で被災した住民の高台移転を進めるため、野田村が国に申請していた、防災集団移転促進事業(防集)の事業計画が2日、同意された。県内の自治体では初となり、用地の取得や造成など移転事業が本格化する。村によると、事業計画の対象となるのは、城内、米田・南浜の2地区で、計100世帯分の移転用地を村内の高台3カ所に整備する」(毎日新聞 2012年4月3日 地方版)

 がれきがあるのは、居住できない海沿いだけであり、住民の高台への移転が進められている途上にあるようだ。がれきが復興への足かせになっている現実はないのである。
 広域処理を急ぐ最大の理由は、心理的に早くがれきを処理したいと言う思いのようだ。

 しかし、岩手県内のがれきの焼却処理分は、期限内に全て岩手県内で処理可能であると言う事実が分かってきた。

岩手県の焼却処理必要量 103.1万トン

岩手県内の焼却処理量(処理能力)
  7月稼動の仮焼却炉    10.7万トン(年間365日ペース)
  既存の焼却施設           44万トン
  県内のセメント工場        48.6万トン    合計 103.3万トン

がれき広域処理の合理的根拠なし②  合同調査チーム緊急速報

 秋田県における岩手県の震災がれき受け入れは、県や環境省によって決められたから実施するだけであり、費用負担は国がするとのことであり、税金の無駄使いにしか過ぎない。

 受け入れを決めた市町村は、国が負担すると言った焼却施設の減価償却費を得ることが目的である疑いがある。
 
 未曾有の被害を受けた震災被災地の復興支援として、被災地の観光支援のため観光団の派遣、被災地児童の受け入れ、秋田の郷土芸能を披露する慰問団の派遣などが良いのではないかと思う。
 
 野田村では、JR東日本のリゾート列車「リゾートうみねこ」が三陸鉄道へ直通運転を始めるなどし、風光明媚な三陸海岸を求めて多くの観光客が訪れ始めていると言う。

 観光に訪れることが、現地の経済活性化にも繋がる最大の復興支援ではないか。



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田市のがれき燃焼試験結果「がれき混入焼却灰 100ベクレル」は、安全を保証しているか

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-06-20

     がれき利用による防潮堤、高台の造成が、被災地がれきの最善の処理方法であり、解決方法である



     秋田市で、先月21日に実施された岩手県野田村の震災がれき燃焼(溶融)試験で、焼却灰の放射性セシウム濃度は、1キログラム当たり100ベクレルであったと言う。

     「秋田市河辺豊成の市総合環境センターで実施している岩手県野田村の震災がれきの燃焼(溶融)試験で、県は21日、溶融処理で発生したスラムとメタルの放射性セシウムは不検出だったと発表した」
    「灰のセシウム濃度は1キログラム当たり100ベクレルで、岩手県と結んでいる基本協定の受け入れ基準(8千ベクレル)を下回った」(2012年5月22日、秋田魁新報)
    (秋田市ホームページからも確認できます)

     焼却灰100ベクレルは、秋田市民に安全を保証しているのだろうか。
     現在、原子力発電所から出た廃棄物については、100ベクレルを超えれば、放射性廃棄物として国によって厳重に保管、管理されている。焼却灰8千ベクレルと言う数字は、福島県内において限定的に設定されたものを、環境省が広域処理においても転用した数値で、埋却処理することを前提とした数字であり、安全上厳格に設定された数字ではない。
     このことは、徳島県なども指摘しており、新潟県、兵庫県などでは、焼却灰についても1キログラムあたり100グラム以下とする基準を設定している。
     秋田市の実験からでたデータは、一般ごみに15%混入したうえでの数字である。地元紙は、試験結果の報道に際し、なぜかこのことを伝えてないが、燃焼試験を実施することを伝えた際に15%混入と報道しているので、そのように実験されたのは疑いないだろう。
     事前に実施された一般ごみの焼却灰は74ベクレルであったことが分かっており、計算上、野田村のガレキだけによる焼却灰は1キログラム当たり247ベクレルである。
     この数字は、新潟県、兵庫県が設定した基準や原発敷地内での国の基準を大きく上回っている。
     これで安全と言えるのだろうか。

     「10日に実施した事前調査でもスラグ、メタルは不検出、灰は74ベクレルだった」(2012年5月22日、秋田魁新報)

     福島第一原発の事故以後、国の基準だから安全だという考えを多くの国民は持っていない。ところが、秋田県では、岩手県との基本協定締結に際し、焼却灰8千ベクレルと言う、十分な根拠を明示しないまま転用された国の基準通りの受け入れ基準を設け、県内の市町村はこれに追従している。これでは、放射性物質に対する感受性が強い、幼い子を持つ親達など、放射性物質に対する不安を持つ県民、市民の不安は解消されないだろう。

     がれき広域処理は政策的に間違いであったことが明らかになってきている。
    がれき広域処理の合理的根拠なし②  合同調査チーム緊急速報

     国は、がれき受け入れ自治体に、焼却施設の減価償却費を負担するなどとしており、根拠のなくなったがれき受け入れは、それに乗じたものに過ぎないと批判されることにもなるだろう。




    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>