レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

秋田市、秋田県内各地で長期間、震災がれきを焼却処理することへの懸念

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2012-09-06
 9月4日から、秋田市で、東日本大震災で発生した岩手県野田村のがれき(可燃物)の受け入れが始まり、焼却処理が実施されたとのことだ。2014年3月末までに、19,770トンを搬入する予定だと言う。さらに秋田県では9月11日に、横手市、湯沢雄勝広域市町村組合、9月25日には由利本荘市でがれきの搬入が開始される予定だとのことだ。

 新聞報道によると、「東日本大震災の災害廃棄物(震災がれき)について、岩手県から県内へ受け入れる量が、当初予定の13万5300トンから4万9000トン減り、8万6300トンになることが9日、分かった。国が被災地の震災がれきの量を精査して広域処理に回す量を見直したためで、環境省から8日、県に連絡があった。」(2012年8月10日、毎日新聞 秋田版)とのことだ。
 8万6300トンのうち不燃物6万6300トンは岩手県内での処理が検討されており、その場合、秋田県内で処理する震災がれきは2万トンにまで減ることになると言う。

 また、8月上旬に、環境省が被災地での処理が進んだため、新たながれき受け入れ先の調整はしないと、全国各県に通知したことにより、検討していた自治体でがれき受け入れを中止するケースが多く出ている。

 そうした状況の中で、秋田県では、既に宮古市のがれきを受け入れている大仙市に次いで、今月から、秋田市、横手市、湯沢雄勝広域市町村組合、由利本荘市で受け入れを開始すると言う。
 特に、9月4日から受け入れを開始した秋田市では、2014年3月末まで受け入れ予定だとのことだ。放射性物質の拡散への不安や懸念を持つ人達、幼い子供達への影響を心配する親達、農作物への影響や風評被害への不安を持つ農家の人達のことを考えれば、これほど長期間に亘り不安な状態を強いることが許されて良いのだろうか。
 また、農業県、秋田県のこれだけ多くの地域が被災地からのがれきを受け入れることによって、秋田県全体が、風評被害に合う恐れがあることを県などは認識しているのだろうか。
 環境省の調査の度に、被災地がれきの広域処理必要量が大幅に減り、方針も変わっている。
 また、5月に行った被災地のがれき量の見直しによって、宮城、岩手両県ともに、県内の既存の施設と7月に稼動した仮設の焼却・溶融炉、合計31基の処理能力によって、すべて、期限内に県内での処理が可能になったことが、研究者によって明らかになっている。 
詳しくは がれき広域処理の合理的根拠なし② 合同調査チーム緊急速報
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-democ1535..html

 また、5月に行った震災がれき量の見直しの際、岩手県については、広域処理希望量が120万トンに増加したと発表され、広域処理が必要だと強調されたが、この数字には、焼却処理を必要としない土砂を含む不燃物89万トンがカウントされていたことが分かっている。
 さらに、宮城県議会では、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)を活用した「森の防潮堤」構想実現に向けた決議が全会一致で可決されるなど、議会内で「広域処理は不要な状況だ。国が『やれ』というからやっているだけだ」と論じられている。

 被災地のがれき処理のはっきりとした見通し、方針も示されていない現状で、秋田市や秋田県内の各地で、震災がれきの焼却処理を長期間に亘り実施すべきではないだろう。



<関連記事>
岩手県野田村のがれき処理、復興の現状
秋田市のがれき燃焼試験結果「がれき混入焼却灰 100ベクレル」は、安全を保証しているか
がれき焼却、「希釈」は国際合意に反している
がれき広域焼却処理の根拠がなくなったことが判明!!… 被災地で進むがれき利用の『森の防潮堤』づくりが最善の解決方法である




関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)

    地元紙、がれき受け入れ協定基準を事実に反し報道

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-09-04
     9月3日の秋田の地元紙、秋田魁新報によると、秋田市で4日から東日本大震災で発生した岩手県野田村のがれきの受け入れが始まることが報道され、その中で、

     「5月下旬にセンターで実施した試験燃焼では、溶融処理で発生したスラグやメタルの放射性セシウム濃度は不検出。焼却灰は、県が岩手県と結んだ協定の基準(1キロ当たり100ベクレル以下)を満たしている。」(2012年9月3日、秋田魁新報)

    と記述されていた。

     秋田県が岩手県と結んだ協定では、焼却灰については、「放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下」と報道されている。100ベクレル以下ではない。(注1) 
     震災がれきの受け入れの問題で、放射性物質の拡散に不安や懸念や持つ人達にとって、放射性物質の濃度は最も重要な事柄であり、正確であることが何より求められるはずだ。

     また、秋田市の実施した試験燃焼では、野田村から持ち込んだがれきを燃焼した焼却灰の放射性セシウム濃度が、1キログラム当たり100ベクレルであった。(注2)
     秋田市のホームページからも確認できる。上の記事にある「1キロ当たり100ベクレル以下」の上限いっぱいの数値であったということになる。しかも、この100ベクレルは一般ごみに混入したうえで測定された数値である。

     9月3日の地元紙の記事は、安全性をことさらに強調する意図を持ち、意識的に虚偽の数字を出し、報道した可能性が否定できない。


    (注1)「協定は(1)がれきの放射性セシウム濃度は1キログラム当たり100ベクレル以下(2)焼却灰の濃度は1キログラム当たり8000ベクレル以下(3)要件を満たさない場合、排出元に返却-などを明記した。期間は2014年3月まで。」(2012年2月8日、河北新報ニュース)

    (注2)「秋田市河辺豊成の市総合環境センターで実施している岩手県野田村の震災がれきの燃焼(溶融)試験で、県は21日、溶融処理で発生したスラムとメタルの放射性セシウムは不検出だったと発表した」
    「灰のセシウム濃度は1キログラム当たり100ベクレルで、岩手県と結んでいる基本協定の受け入れ基準(8千ベクレル)を下回った」(2012年5月22日、秋田魁新報)



    <関連記事>
    岩手県野田村のがれき処理、復興の現状
    秋田市のがれき燃焼試験結果「がれき混入焼却灰 100ベクレル」は、安全を保証しているか
    がれき焼却、「希釈」は国際合意に反している
    がれき広域焼却処理の根拠がなくなったことが判明!!… 被災地で進むがれき利用の『森の防潮堤』づくりが最善の解決方法である




    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :リポート トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田県民にも理解されないキャッチコピー「あんべいいな秋田県」

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2012-09-01
     秋田県が今年採用したキャッチコピー「あんべいいな秋田県」が、県民の評判が良くないようだ。
     「あんべわり」や「いいあんべ」とはよく言うが、「あんべいいな」は聞いたことがない、何があんべいいのか分からないなどと言われている。また、あの人は「口あんべいい」など、どちらかと言うと否定的なニュアンスで使われる言葉のように思われる。
     秋田県のウェブサイトによると 「あんべいいな秋田県」は、全国の人の目を秋田に向けさせ、本県の認知度を高めるためのキャッチコピーで、「あんべいいな」には、秋田は、行き過ぎない、おごらない、ちょうどいい、心地よい、美しい国であるいう意味が込められているとのことだ。
     結構なことだが、見た人が具体的なイメージを持てないキャッチコピーでは、逆に秋田県のイメージダウンではないだろうか。
     秋田県がこれまでに作ったキャッチコピーは、「まごころ秋田」(1984年作成)、「秋田花まるっ」(1996年作成)などがあり、去年までは「ニッポンの笑顔 秋田から!」、「秋田で 元気に!」が使われていた。その度にデザイン料などの経費を掛け、テレビCMを作成している場合もある。
     そして今年は「あんべいいな秋田県」と言うおふざけのようなキャッチコピーである。

     この「あんべいいな秋田県」ともう一つの新キャッチコピー「あきたびじょん」は、木村伊兵衛が撮影した「秋田おばこ」の巨大写真(縦9メートル)とともに東京銀座4丁目交差点にあるビルの壁面に、9月10日から3週間貼り出されるとのことだ。
     「秋田おばこ」のモデルになった大仙市出身の三上(旧姓柴田)洋子さんは美しい方だが、この方の超巨大広告を、東京の繁華街に3週間も貼り出すことにどんな意味があるのだろうか。貼り出し期間中に多少人目を引くだけで終わるだろう。さらに、「あんべいいな秋田県」という意味不明なキャッチコピーと「よ」を極端に小さくし「あきたびじん」と読めるよう細工した遊びのようなキャッチコピー「あきたびじょん」を組み合わせて秋田県への注目度を高めようとする意図に、センスのなさといやらしさを感じる。
     秋田県のイメージダウンになる気がしてならない。
     ちなみにこの「あんべいいな秋田県」「あきたびじょん」の広告費を含む県の「イメージアップ戦略推進事業」には、2012年度当初予算案で1億5827万円もの事業費が計上された。

     秋田県のキャッチコピーは「まごころ秋田」が最もよい。先人から受け継いで来た秋田の心が伝わるキャッチコピーである。



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :評論 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>