レンサバを借りると

<< topページへ
TOP

秋田県知事選と重要性を増す「県民の声」とメディアの姿勢

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2013-03-14
 秋田県知事選が、現職以外に立候補予定者がなく、無競争再選の見込みだと言う。既成政党が現職支持に回ったり、対立軸を見い出せないなどの理由で、候補者擁立を見送ったためらしいが、多くの秋田県民は、こういった状況に失望しているのではないだろうか。
 新聞などによると、現秋田県知事は全方位外交であるとのことのようだ。
 少し前、「全県駅伝」を復活させるとの新聞記事を目にしたが、これは、某著名脚本家が、地元紙のコラムで取り上げたことに、呼応したものだったようだ。全国高校駅伝予選、男鹿駅伝、奥羽横断駅伝など、駅伝競技会が県内では目白押しであるのに、不思議な気がした。因みにこの脚本家は、秋田県出身者を名乗っているが、秋田県在住者でも県税納税者でもない。以前の知事選に、一部で候補に推す声が上がったことがある人である。
 現知事の動きを見ていると、このように対立の可能性のありそうな人に擦り寄っているかのようである。再選への強い拘りがあるからだろう。その理由が何であるかは不明だ。
 県議会においても、全方位外交のためか、オール与党化、何でも賛成のなれ合い状態のようであるが、中には、現知事の人事の在り方や政治手法を強く批判している議員もいる。
 この議員は、県の代表監査委員に秋田市長時代の側近(副市長)を起用したり、議会では説明がなく議会終了後に、八幡平クマ牧場に残った熊を受け入れる北秋田市阿仁熊牧場の新施設の費用について発表した政治手法を、自身のホームページで強く批判していた。
 また、秋田市中通の再開発事業が県議会で議論された際、与党議員でありながらも、信念を貫き、反対の票を投じた勇気ある議員がいた。
 このような県議達に、「県民の声」が反映される県政の実現のため、知事選の無競争再選という事態は避けるべきと言う判断、信念で、今からでも立候補してもらいたいと思う。
 衆議院選、参議院選で落選中の元議員達も後が無いのだから、志のある人は立候補すべきではないか。 
 仮に、知事選が無競争再選になった場合、既成政党がもはや当てにならないことがはっきりした訳であり、秋田県民は、今まで以上に、県政に目を向け、積極的に発言、批判する態度が求められるだろう。そうでなければ、この県の進む道が誤りかねない。また、地元メディアは、今までのような行政に迎合する傾向を改め、県民サイドの視線に立った厳正な報道が求められるだろう。





お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(-)

    家庭ごみ有料化は溶融炉更新が目的か!? ― ゴミ減量と矛盾するガス化溶融炉、24時間稼動、大量のゴミ必要 … 秋田市家庭ごみ有料化の真実

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-03-09
     秋田市の家庭ごみ有料化は、秋田市民周知の通り、地球温暖化の原因とされる温室効果ガス、CO2排出量削減のため、ゴミ減量化を推進するという理由で、「ごみ減量で ストップ温暖化!!」のスローガンの下導入された。
     その一方、先月の新聞記事によると、家庭ごみ有料化によるゴミ減量効果が乏しく、手数料収入が、当初の予定より逆に多くなり、約5億円となり、秋田市ではその半分を溶融炉更新の基金に回す方針とのことだ。

    「市の収入となる処理手数料は12年度、当初見込み額(約3億円)を大きく上回り、約5億円となる見通しだ」(2013年2月8日、秋田魁新報)

     秋田市では今まで税収で賄われていたゴミ処理施設の建設費に、市民が負担したゴミ処理手数料の収入が充てられるのだ。

     現在の秋田市長は、市議会などで、しきりに「厳しい財政状況」と繰り返していたとのことだが、この状況に拍車を掛けたのは、一体誰なのか。大型公共事業や再開発地区への過剰な支出、公立美術工芸短大の四年制化による財政支出の増大などが、財政の圧迫させているのは疑いない。
     そのしわ寄せが、ゴミ処理の手数料徴収とその手数料収入をゴミ焼却施設更新の基金に充てるという事態を引き起こしているとは言えないか。

     しかも、溶融炉を更新すれば、ゴミ減量がさらに困難になると言う悪循環に陥ることになる。
     秋田市で導入しているゴミ焼却施設は1,700~1,800度の高温で溶かして処理するガス化溶融炉だが、一旦稼動すると24時間動かす必要があり、そのため大量のエネルギーが要るため、大量のゴミを必要とし、しかもプラスチックなど高カロリーのゴミが必要だと言われる。この溶融炉の問題点は全国各地の多くの記事によって明らかにされている。
     秋田市が何故プラスチックゴミの分別に取り組まないのか。理由がここにあるようだ。また、秋田市が2万500トン(予定最大量)という県内の他の自治体に比較し、非常に大量の震災がれきを受け入れた理由も見えてくるようだ。
     秋田市のゴミ焼却施設、ガス化溶融炉自体が、ゴミ減量や循環型社会の実現と矛盾する施設なのである。
     「ごみ減量で ストップ温暖化!!」のスローガンに秋田市民が踊らされているだけと言えないのか。
     家庭ごみ有料化の真実を多くの秋田市民が知る必要があるのではないか。


    <関連記事>
    秋田市ゴミ有料化の問題点…手数料の使途
    秋田市のゴミ有料化問題 … 不可解な市議の態度の変化
    秋田市のゴミ問題、プラスチックゴミ分別が必要







    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :秋田市 トラックバック:(-) コメント:(-)

    秋田県民の皆様、人口減社会を前提とした新聞記事に騙されないでください。 ― フランスでは「人口は国力」の基本政策の下、人口増加。

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
    2013-03-01
     秋田の地元紙に連載された「あしたの国から 人口減社会を生きる 第2部 冬と暮らす」(2013年2月4日~2月21日、秋田魁新報)は、効果的施策を実施しない下での行政の予測を基に、これからの社会は人口減少社会であるとし、人口減少を前提に、地域の持続、発展などを考えようと言う企画であったようだ。人口減少社会とは、直接的な結びつきはない秋田の冬の暮らし、かまくら、なまはげなどの行事を題材にし、意図的に人口減少を前提に考えようとする姿勢が窺われた。

     2月26日の同紙記事によると、2月1日現在の秋田県の人口は、105万9674人。この1年で1万2169人の減少だという。

    「県が25日に発表した2月1日現在の県人口は前月より1211人少ない105万9674人(男49万6938人、女56万2736人)となり、106万人台を割った。この1年では1万2169人の減」(2013年2月26日、秋田魁新報)

     また、総務省調査を基にしたまとめによると、秋田県内で10年以内に消滅する可能性がある集落が由利本荘市に3、上小阿仁村に3、五城目町に2、北秋田市に1の合計9集落あるとのことであった。

    「10年以内に消滅する可能性があるとされるのは、由利本荘市(461集落)と上小阿仁村(19集落)にそれぞれ3集落、五城目町(71集落)に2集落、北秋田市(216集落)に1集落あった」(2011年6月12日、秋田魁新報)

     こういった現実に接した時、人口減少を前提に、将来の発展を考えることが大切だという意見に、当ブログ著者は理解に苦しむ。人口減少を食い止めることを基本方針に、取り組みや施策を実施しないと、人口の減少はさらに拍車が掛かることは容易に理解できる。
     世界の先進国でも人口の減少に悩む国は多いが、フランスでは「人口は国力」という基本政策の下、様々な社会保障制度を取り入れ、人口増加に転じている。出産した女性に約10万円の祝い金、子供が3歳になるまで毎月約2万円の支給。「多人数家族パス」が支給され、子供の人数により割引率が高くなる国鉄。幼稚園の多くが公立で保育料が無料。育児休暇は3年間取得でき、雇用主には職場復帰させることが義務付けられているなどの様々な政策が実施されている。日本や秋田県ように人口減の著しい地方自治体が参考にできることも多いはずだろう。秋田県では自然減、社会減とも、全国最高水準にあり、実効性のある取り組みが求められている。

     一方で、現在の秋田県政は、人口減少問題において、目立った結果を出していないばかりか、さらに拍車が掛かっているのが現状で、その意味で深刻化していると言える。
     人口の減少の問題に、現実面だけを捉え、理想を持たないことは、進歩的態度ではない。理想なきところに発展は望めない。
     地元紙のウェブページを見ると、人口減少率と高齢化率が国内で最も高い秋田県を「暗いわけでも、不幸せなわけでもない」(さきがけonTheWeb)としており、行政の体たらくぶり、無策ぶりを擁護するかのような内容であり、秋田県は「日本や世界がいずれはたどり着く明日の社会といえる」(さきがけonTheWeb)とし、将来を楽観視し、読者、県民にすり込むような意図さえ感じられる。
     24万の読者がいるとのことであり、その影響は大きい。
     秋田県民の皆様、どうぞ、人口減社会を前提に将来を考えることが大切だという新聞記事に騙されないようしてください。




    お薦め記事 …
    本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
     秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html



    関連記事

     ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




    新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

    以前より展示室が狭くなった。
    「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
    階上の左右から見ることが出来なくなった。
    照明の照り返しがきつい。
    2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
    展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
    以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
    新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
    あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

    などの声が上がっています。
    (2014年2月)




     「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

    (2013年8月31日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
     平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
    (2013年8月1日)




     現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
     

     ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
    (2013年5月15日)



    関連記事
    平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

    秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
    美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
    現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




    ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :人口減 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>