レンサバを借りると

<< topページへ
<< 秋田県3824万円、秋田市1020万円、韓国ドラマの制作支援費を計上 … 間違っていないか!!へTOP前途厳しい秋田の美大、時代に逆行した4年制化 ― 全国に定員割れ、経営難、再編・統合などの大学多数へ >>

「芸術・文化による街づくり」は秋田市に相応しいか? … 秋田公立美術工芸短大の四年制化「有識者委員会」への疑問

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2012-11-19
 秋田市の秋田公立美術工芸短大の四年制化は、現在の市長が選挙の公約に掲げたという理由で進められ、2010年9月に、秋田市の庁内検討チームが検討した結果、四年制大学化が有効な手段の一つであるとし、2011年11月から4回行われた「有識者委員会」が、就職市場での評価などで短大では限界があり、市が目指す「芸術・文化を生かした街づくり」を担う人材育成のためにも四年制化が有効だとし、2013年4月に開学すべきと提言した。この有識者委員会は、元文科省官僚、大学学長ら10人の委員で構成されていたが、公開されている資料によると、毎回7~8人の出席者で、秋田県関係以外の出席者は、計2名しかいない閉鎖的なものだった。しかも、毎回、秋田市の副市長2名や、秋田公立美術工芸短大学長や事務局長、市の担当部長、課長ら当事者である市側からの出席者、15~16人に囲まれていると言う委員会であった。これでは、中立的な議論、自由な議論、市民サイドの議論は出来ないだろう。また、有識者委員会の提言の内容は、市が当初から発表していた構想と何も変わらぬものであったと言う。「有識者委員会」において、市費投入額が増大する四年制化の是非、秋田市内の既存大学との再編によって新たな大学の可能性、魅力を引き出すといった幅広い議論がされず、四年制化を大前提にした議論に終始したことが明らかだ。
 また、秋田公立美術工芸短大の学長は、四年制化が秋田の若者に夢を与えることのようにメディアで言っていたが、短大の定員150人が、四年制化によって定員100人に減っており、しかも県内高校卒の入学者は減少することが予測される。逆に若者の夢を奪う四年制化でもあるのだ。秋田公立美術工芸短大は、「美短」と呼ばれ、地域住民、若者に親しまれていたと言う。こちらが無くなるほうが惜しいのではないか。
 ここで、疑問なのは、秋田市はいつから「芸術・文化を生かした街づくり」を目指すようになったのかと言うことだ。著者は、美術鑑賞を愛好する者の一人であるが、芸術、美術は個人の趣味の領域のものであり、多様な趣味を持つ市民がいる中で特定の分野、領域を生かした街づくりを目指すことが方向性として正しいのだろうか。また、秋田市民がそれを望んでいるのだろうか。
 著者の知る限りでは、秋田市は平成20年12月19日、秋田市議会で「はずむスポーツ都市宣言」が決議され、多くの市民がスポーツを親む「スポーツ都市」を目指していたはずである。秋田では厳しい気候条件の中、黙々と努力するスポーツ愛好者が多いように見受けられ、秋田市に向いているように思う。
 また、最近、秋田市は、高齢者にやさしい街、エイジフレンドリーシティを目指しているとの報道を目にした。これらは多くの市民の理解も得られるものと思われる。

 しかし、芸術・文化による「まちづくり」とは、現在の市長が、40ある選挙公約の一つに掲げたに過ぎないのではないか。
 市のホームページを見ると、市長公約、芸術・文化による「まちづくり」の推進にスポーツも含めているようだが、一般常識的な意味での「芸術」による街づくりに、どれだけの市民の理解が得られるのだろうか。また、秋田の将来を見据え、正しい方向性と言えるのだろうか。
 秋田では「街づくり」と絡められ、それを口実に、多額の公費が投入される公共施設が造られ、事業が進められることが多い。地域住民や県民のニーズの有無は軽視され、脇に置かれているようだ。
 世界に誇れる現県立美術館があるにも関わらず、再開発地区の街づくりを口実に進められた新県立美術館の建設や今回の秋田公立美術工芸短大の四年制化にその特徴が顕著に表れている。
 県民や市民のニーズをしっかりと調査、把握する所から行政はスタートすべきである。



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :秋田市 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>