レンサバを借りると

<< topページへ
<< 秋田県民の皆様、人口減社会を前提とした新聞記事に騙されないでください。 ― フランスでは「人口は国力」の基本政策の下、人口増加。へTOP選挙公約に対する首長候補の態度、姿勢についてへ >>

地元紙、人口減社会を推進か ― 「あしたの国から 人口減社会に生きる」と題する連載

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2013-02-25
 秋田の地元紙、秋田魁新報が、「あしたの国から 人口減社会に生きる 第2部 冬と暮らす」(2013年2月4日~2月21日、秋田魁新報)という連載をしていた。
 秋田県内の冬の人々の暮らしを、除雪作業、「スキーのまち」づくり、かまくら、なまはげなどを題材にして取り上げ、記事にしたものであった。
 これらの特に秋田では珍しいわけでもない話題が、何故、「人口減社会に生きる」と題され、取り上げられていたのか疑問であった。
 日本社会全体が人口減少にあり、人口の減少を前提にして、今後を考えようという意味であったのかも知れない。しかし、秋田県の場合は、減少率が著しく高く、全国一の水準であることに問題がある。人口減社会に生きるどころか、集落そのものが消滅してしまう危機にある市町村もあるのだ。(総務省調査を基にした集計で「10年以内に消滅する可能性がある集落」が9集落とのこと) また、出生と死亡の「自然減少率」、転出と転入の「社会減少率」ともに、秋田県は全国最高の水準にある。このことに何の危機意識を持たずに、秋田県の将来を語ることができるのだろうか。出生増に結びつく婚姻率も全国最低、自殺者、ガンなどの病死も全国一、人口流出、企業流出も高水準では、将来は暗くて危うい。秋田県が日本や世界の「明日の社会」を示しているなどと悠長なことを言っているようだとしたらと益々危ういだろう。
 効果のある経済雇用対策が取られ、若年層の雇用状況が改善されることは最も重要だ。子育てなど社会環境の整備も大切だろう。
 また、秋田県では、分母である人口の減少が多すぎるため、自殺者の実数が減少に転じても、自殺率としては、依然として日本一になってしまうという現象も見られる。その他の指標についても同様である。
 秋田県のイメージを著しく低下させているのは、人口減少率が著しく高いことに起因しているのである。
 行政、メディアともに危機意識を持ち、その対策に目を向けるべきである。



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :人口減 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>