レンサバを借りると

<< topページへ
<< 家庭ごみ有料化は溶融炉更新が目的か!? ― ゴミ減量と矛盾するガス化溶融炉、24時間稼動、大量のゴミ必要 … 秋田市家庭ごみ有料化の真実へTOP地元紙、人口減社会を推進か ― 「あしたの国から 人口減社会に生きる」と題する連載へ >>

秋田県民の皆様、人口減社会を前提とした新聞記事に騙されないでください。 ― フランスでは「人口は国力」の基本政策の下、人口増加。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2013-03-01
 秋田の地元紙に連載された「あしたの国から 人口減社会を生きる 第2部 冬と暮らす」(2013年2月4日~2月21日、秋田魁新報)は、効果的施策を実施しない下での行政の予測を基に、これからの社会は人口減少社会であるとし、人口減少を前提に、地域の持続、発展などを考えようと言う企画であったようだ。人口減少社会とは、直接的な結びつきはない秋田の冬の暮らし、かまくら、なまはげなどの行事を題材にし、意図的に人口減少を前提に考えようとする姿勢が窺われた。

 2月26日の同紙記事によると、2月1日現在の秋田県の人口は、105万9674人。この1年で1万2169人の減少だという。

「県が25日に発表した2月1日現在の県人口は前月より1211人少ない105万9674人(男49万6938人、女56万2736人)となり、106万人台を割った。この1年では1万2169人の減」(2013年2月26日、秋田魁新報)

 また、総務省調査を基にしたまとめによると、秋田県内で10年以内に消滅する可能性がある集落が由利本荘市に3、上小阿仁村に3、五城目町に2、北秋田市に1の合計9集落あるとのことであった。

「10年以内に消滅する可能性があるとされるのは、由利本荘市(461集落)と上小阿仁村(19集落)にそれぞれ3集落、五城目町(71集落)に2集落、北秋田市(216集落)に1集落あった」(2011年6月12日、秋田魁新報)

 こういった現実に接した時、人口減少を前提に、将来の発展を考えることが大切だという意見に、当ブログ著者は理解に苦しむ。人口減少を食い止めることを基本方針に、取り組みや施策を実施しないと、人口の減少はさらに拍車が掛かることは容易に理解できる。
 世界の先進国でも人口の減少に悩む国は多いが、フランスでは「人口は国力」という基本政策の下、様々な社会保障制度を取り入れ、人口増加に転じている。出産した女性に約10万円の祝い金、子供が3歳になるまで毎月約2万円の支給。「多人数家族パス」が支給され、子供の人数により割引率が高くなる国鉄。幼稚園の多くが公立で保育料が無料。育児休暇は3年間取得でき、雇用主には職場復帰させることが義務付けられているなどの様々な政策が実施されている。日本や秋田県ように人口減の著しい地方自治体が参考にできることも多いはずだろう。秋田県では自然減、社会減とも、全国最高水準にあり、実効性のある取り組みが求められている。

 一方で、現在の秋田県政は、人口減少問題において、目立った結果を出していないばかりか、さらに拍車が掛かっているのが現状で、その意味で深刻化していると言える。
 人口の減少の問題に、現実面だけを捉え、理想を持たないことは、進歩的態度ではない。理想なきところに発展は望めない。
 地元紙のウェブページを見ると、人口減少率と高齢化率が国内で最も高い秋田県を「暗いわけでも、不幸せなわけでもない」(さきがけonTheWeb)としており、行政の体たらくぶり、無策ぶりを擁護するかのような内容であり、秋田県は「日本や世界がいずれはたどり着く明日の社会といえる」(さきがけonTheWeb)とし、将来を楽観視し、読者、県民にすり込むような意図さえ感じられる。
 24万の読者がいるとのことであり、その影響は大きい。
 秋田県民の皆様、どうぞ、人口減社会を前提に将来を考えることが大切だという新聞記事に騙されないようしてください。


関連記事


お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :人口減 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>