レンサバを借りると

<< topページへ
<< 殿様キャラを演じる秋田の県知事の本質。与次郎キャラもその延長にあるもの ― 県民は隠された本質を見抜くべきへTOP「秋田の行事」引っ越し関連に、8996万円の県費支出 ― 果たして移転する必要があったのか。 (2013.10.2)へ >>

秋田市仲小路の夥しい「あきたにしました。」の幟の異様さ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2013-11-18
 先日、秋田市仲小路付近を通ると、秋田駅から新県立美術館までの道路沿いに夥しい「あきたにしました。」の幟が立てられていた。その数は数百本を超えていただろう。しかし、右左の小路に一寸でも入ると全くなくなっていた。これは、恐らく新美術館に誘導するためだけのものだったのだろう。秋田DCの「あきたにしました。」の幟の中には秋田県のキャッチコピーだという「あんべいいな秋田県」の小さなロゴも。県は県民に理解されなくとも、あくまでも「あんべいいな秋田県」と言い続けたいのだろう。一体、何があんべいい(按配いい)のだろうか、秋田県のどこがあんべいいと言うのだろうか。秋田は不思議な街である。「まごころ秋田」と称されていた時代の秋田人の優しい人情も遠い昔に感じられる昨今、秋田は「あんべわり」(按配悪い)街になってしまったように感じられてならない。

P1010366 平野美術館(2013年11月)

P1010442 大手門の堀(2013年11月)


 新県立美術館が出来たと言っても、秋田市の一番の観光名所、市民が憩える場所は、千秋公園であることに違いはないだろう。その千秋公園、P1010449 千秋公園入口付近(2013年11月)中土橋の入り口付近に、奇妙な小さな標識が立てられていた。

 「〇〇〇プロジェクト これより異界」、千秋公園が異界であると言いたいのか分らぬが、奇妙で、非常識な、悪ふざけだ。
 千秋公園が秋田市を代表する象徴的な場所であると、多くの秋田市民は思っている。その場所を「異界」とは。馬鹿馬鹿しい、幼稚な表現にあきれた。
P1010454 千秋公園入口付近(2013年11月)
 著者には、夥しい「あきたにしました。」の幟が立てられていた、秋田駅から新県立美術館までの光景こそ「異様」であり、他の秋田市の街並み、風情、雰囲気とはずれている、文字通り「異界」のように感じられたのであった。                       (11月5日)

(注、翌日の6日には、仲小路の幟の数は減らされていたようであった。)





 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :随想 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>