レンサバを借りると

<< topページへ
<< 秋田県の人口減少全国一は、秋田県が時代に対応出来なかったからである ~ 県知事の言う「人口減少の原因はコメ作り」ではない。へTOP秋田―ソウル便3カ月運休、再開は未定 ― 補助金と優遇措置を止め、路線廃止に向かうべき。へ >>

秋田市中通「なかいち」運営管理会社の人事に秋田市が介入!! ― 公費のさらなる投入の危険は?? 新天下り先??

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-06-17
 秋田市中通の「なかいち」運営管理会社、秋田まちづくり㈱の社長が、市の介入で変えられ、元秋田市職員(元総務部長)で、第三セクターの社長を務める人物が、新社長になったと伝えられている。

 秋田市の「なかいち」は、3月に、総合食品売場の運営会社が、開業後、僅か1年半で契約解除するなど、当初の目算が早くも外れているが、その責任を問われるように、前社長を含む7人の役員が辞任し、残った役員は僅か二人で、一人が秋田市の元職員、一人が金融機関出身者だという。

 前社長は、中通一丁目再開発組合の理事長で、商業施設の管理運営のプロフェッショナルとして選ばれたわけではなく、再開発事業を中心的に進めた秋田市や県にとって、好都合の人物だったからと思われる。
 その社長が、市や県の思惑に従うように辞任し、新たに選ばれた社長が、秋田市の元職員(元総務部長)だということだ。

 秋田まちづくり㈱は、独自に大手ドラックストアなどと出店交渉をしていたと伝えられており、圧力により、役員が退任させられた感が強い。

 「秋田まちづくり社も市に頼り切っていたわけではない。各方面にテナント出店を打診。大手ドラックストアなどに出店を交渉していた」(平成26年6月6日、週刊アキタ)

 新社長は、第三セクターの社長をしていたということだが、生死を賭けた民間の企業経営の厳しさを知らない、天下りを享受してきた人物であることに間違いない。

 報道によると、この交代劇を進めたのが秋田市の副市長、I氏ということであり、この人物は県の知事室長、教育庁次長を経て、2010年に秋田市副市長に迎えられている。
 経歴から見て、県との繋がりが極めて強い人のようである。
 今回の社長交代も、背後にいる県知事、佐竹氏の意向で行われたものと、この辞任劇を報道した週刊アキタでは見ている。

 「エリアなかいちの商業棟については、佐竹敬久知事が秋田まちづくり社のプロデュース能力に言及するなどし、懸念を示していた。この一連の動きは、穂積市長よりも佐竹知事の意向に沿ったものではないかと見ている」(平成26年6月6日、週刊アキタ)

 秋田まちづくり㈱という、一民間会社の人事に、秋田市や県が、直接にしろ間接的にしろ、介入して良いものか。
 公権力を背景にした介入とは言えないのか。自由主義社会、市場主義経済の根幹にも関わる憂慮される事態である。

 秋田市側は、株主 (筆頭株主は秋田商工会議所) の承認を得たものであるから問題はないとしているとのことだ。

 市長の委任を取り付け、この辞任劇を進めたという副市長、I氏は、選挙によって市民から選ばれたわけでもなく、一公務員に過ぎない。

 こうした関与によって、不具合や問題が発生し、秋田市の将来に影響を及ぼしても、責任を負う立場にない人物であり、このような責任のない人物が、あたかも私事のように振る舞うことが許されてよいのか。 少なくとも議会の審議を経てから、動くことではないのか。

 また、再開発全般の中で民間事業としての位置づけで進められた、商業施設を運営する会社の人事に、秋田市や県が介入するという手法は、傲慢過ぎるとは言えないか。

 背後にいるとされる、県庁出身で役人感覚、公家感覚の県知事では、こういた事態を恐らく何とも思わなかったのだろう。
 まるで、社会主義のような、独裁的な感覚の強権的介入の仕方である。

 計画から完成に至るまで、市民感覚からずれていた、秋田市中通再開発事業を象徴する事態と言える。

 さらに、秋田まちづくり㈱の社長が、秋田市のOBになったことで、施設運営などのために、公費が長期的にこの会社に投入される危険や、秋田市や県の新たな天下り先になる危険性が憂慮される。
 現在、社長を含めた役員二人が、秋田市元職員ということであり、既に天下り先になっていると言える。

 これらは、秋田市の現状と将来に関わる重大な問題であり、秋田市民にとっても極めて重要な問題だ。

 秋田市は今回の関与を、緊急事態の対応と言っているようだが、緊急事態なら何をやっても良いとは言えないのは当然のことだ。

 秋田市中通の再開発事業は、現知事、佐竹氏が、秋田市長時代から、中心的に進めたものだが、開業後、僅か2年足らずで、商業施設の空店舗が続出するという異常事態なっている。

 プロデュース能力が無かったのは、中心的に事業を推進した、県と市だと言える。

 すべての施設を建てなければ、にぎわいは創出しないとして、135億円 (うち83%、112億円が公費) を費やしたのは、彼らである。

 今、第一に必要なのは、この事業の失敗を認めること、この計画を立案し、事業を推進した責任の所在を明確にすることではないのか。

                                          (2014.7.8 再構成)



関連記事


お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :再開発 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>