レンサバを借りると

<< topページへ
<< 秋田市役所前に日章旗と韓国国旗が掲揚 ― 国民感情に反する行為は慎むべき。へTOP秋田―ソウル便運休の背景 ~ 需要がないのに、補助金を出し、中高校の修学旅行によって見せかけの需要をつくるやり口が限界に。へ >>

地元メディア、ソウル便を「再開願う声相次ぐ」と報道 ― この不可解な理由

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-07-26
 秋田魁新報の一面トップに、「9月、10月にチャーター便 再開へ需要アピール」 (2014年7月25日、秋田魁新報) の記事が載り、社会面には大きく、ソウル便の「再開願う声相次ぐ」 (2014年7月25日、秋田魁新報) とあった。
 旅行会社が何社も集まって、補助金付きの旅行商品を売り出し、チャーター便を飛ばし、月に1~2往復程度の客しか集まらないのが、今の秋田―ソウル線の需要の現状である。定期便は必要ないだろう。これ以上の大韓航空への県費投入は止めて頂きたいと切に願う。
 また、「再開願う声相次ぐ」 (2014年7月25日、秋田魁新報) とあるが、実際は、年1回の旅行をする程度の、極一部の趣味的な愛好者から惜しまれているだけに過ぎない。仮に、JR秋田駅前などでソウル便の運航休止について尋ねれば、恐らくほとんどの人が賛成か、無関心と答えるだろう。
 昨日の 「9月、10月にチャーター便 再開へ需要アピール」、「再開願う声相次ぐ」 (2014年7月25日、秋田魁新報) の大きな扱いの記事を見て、この新聞社が、1年半前、一面トップ、特大写真付きで、韓国ドラマ「アイリスロケ」記事を載せ、社会面でも大々的に、「自治体、誘致に懸命」 (2012年11月29日、秋田魁新報) などと報道していたことを思い出した。
(参考記事: 韓国ドラマ「IRIS2」ロケに公金を供与する秋田県 ― 地元紙一面トップ、知事出演シーン撮影の異常な過熱ぶり地元紙、韓国ドラマロケ誘致を大々的に報道 … 行政を支援か?

 この新聞社の記事とは裏腹に、秋田ロケを敢行した韓国ドラマは、韓国国内で大不評で、秋田県内自治体が用意した8330万円のロケ滞在費は、全くの無駄金に終わり、秋田―ソウル便を利用した旅行客が増えることはなかったのである。
 ロケ費負担を非難した、決して少なくはなかった県民の声を無視し、行政に追従するようにロケを賛美したこの新聞社にも、公費無駄遣いの責任の一端は当然あるだろう。

 何故、この秋田の地元新聞社が、ソウル便や韓国ドラマなどに肩入れするような、韓国贔屓の記事が多いのか考えてみた時、著者が学生の頃には目にしたことがなかった、ある広告の多さに気づかされる。
 それは、パチンコ店の広告の多さである。
 地元新聞社の最終紙面、テレビ欄の約2分の1が、パチンコ店の巨大広告で覆い尽くされていた日が、この7月だけで合計5日もあった。(7月25日までで、7月5日、8日、9日、21日、22日の計5日)
 また、新聞の折込チラシでも、週に何日かは必ず、パチンコ店のチラシが入っている。さらに、テレビでも、秋田ではパチンコ会社のCMをやたらと多く目にする。首都圏などでは考えられないことである。
 秋田では、新聞社、テレビなどに、多額のパチンコマネーが入り込んでいるのが、広告を見ただけでもすぐ分かる。
 これらが、ソウル便就航以前からなのか、就航後なのかは分からないが、日本人として、情けない思いがする。
 この業界が、どういう系統の人たちによって成り立っているかは、国民周知の通りである。
 秋田メディアの韓国寄りの偏向姿勢は、こういった理由があるからだろう。

 秋田県経済の弱体化は、こういった所にも見ることができる。



関連記事


お薦め記事 …
本質をわきまえない秋田県民の県民性と公共施設の建設
 秋田県人は 《見えっぱりで、ルーズでのんびり屋で、お上意識ばかりが強く、権威にへつらい、射倖心に富み経済観念はゼロ、中央へのコンプレックスを捨てきれない》 《とどのつまりは、本質をわきまえずに行動するきらいが強い》 と指摘されています。県内の出来事に当てはめると容易に理解できます。 秋田県人は物事の本質を見極め行動すべきです。  http://akitacolumn2.blog.fc2.com/blog-entry-119.html




 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>