レンサバを借りると

<< topページへ
<< 秋田県知事が韓国に行き直談判、運航再開になった秋田―ソウル便に、全国から疑問の声が殺到。 (2014.9.16)へTOP秋田県が「人口減特区」申請? ― 知事の「人口減の原因は 『コメ』 」発言はどこに行ったのか?へ >>

再開されるという、秋田―ソウル便への懸念

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
2014-09-11
 地元紙などの報道によると、7月26日から路線運休になっている秋田―ソウル便が、10月下旬からの再開に向け、調整中と伝えられている。
 例年、冬季にスキー客、温泉客などの需要があり、搭乗率が高いなどの理由によるものらしいが、現在の日韓関係の冷え込みから、過去と同水準の搭乗率が、今後期待できるだろうか。さらに、今年、30%まで落ち込んだという、夏季の利用客が大きく改善される見込みがあるだろうか。
 また、長期的に見て、秋田県民、日本国民の需要がある路線なのかも疑問である。

 地元紙では「再開が決まった場合、一定の搭乗率を維持し路線の安定につなげられるかが課題となる」 (2014年9月10日、秋田魁新報) と報道している。
 今後、最も憂慮されることは、今年、韓国での旅客船沈没事故等を受けて中止された、秋田県内中高校の韓国への修学旅行の再開である。
 搭乗率アップのために、中高校生の修学旅行を犠牲にした行政が再び繰り返されることである。

 韓国は、首脳が率先して、歴史認識問題を理由に、日本との政府間の対話を拒否している、世界でも稀な国の一つである。
 また、この国は、日本の初代首相、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根を英雄視しており、記念館や銅像まで建てられている。言わば、永遠に、日本との共通の歴史認識を持てない国であり、このような国を修学旅行で訪れても、生徒が健全な日本の歴史観を育むうえで役立たないだろう。
 そして、旅客船沈没事故の原因等から見える三流国家としての実態も明らかになっている危険国であり、現在、北朝鮮と緊張状態にある国である。 (2013年3月11日、北朝鮮が朝鮮戦争の休戦協定を破棄しており、戦時下にある) 
 何故、秋田県や青森県、鳥取県などの弱小な地域が、この韓国との定期航空路線に拘るのだろうか。
 そこには、地域活性化へのこれと言った策を持たない地方の、韓国便=国際化だという、独特の見誤った、浅はかな思い入れがあるのだろう。また、韓国との繋がりを持つ一部の権力者が推進していることも考えられる。
 秋田県では、「一定の搭乗率を維持」することを理由に、韓国への旅行者に対する補助金や、年間1億円という大観航空への優遇措置が継続されるのだろうが、ソウル便維持のための県費投入は、結果的に韓国を利するだけであり、止めるべきである。
 また、運航されたとしても、一週間に僅か3便しか飛ばない秋田―ソウル便は、知事が言うように「東南アジアや欧州への乗り継ぎにもソウル便は便利」とはなり得ない。

「佐竹知事は8月、県内の経済関係者らとともに大韓航空本社を訪問し、同社幹部に運航再開を要請。8月下旬の定例記者会見では、『東南アジアや欧州への乗り継ぎにもソウル便は便利』と強調し」 (2014年09月10日、読売新聞)

 今後、秋田県では路線維持を理由に、さらに強化策が取られる危険性もあり、秋田県民はその行方を注視すべきである。



関連記事

 ↓↓ クリックをお願いします! ありがとうございます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




新県立美術館に移された「秋田の行事」を観た方々から、

以前より展示室が狭くなった。
「秋田の行事」が、窮屈で縮んで見える。
階上の左右から見ることが出来なくなった。
照明の照り返しがきつい。
2階から見ると目線から高すぎる。3階から眺めると壁画が低すぎる。
展示室に奥行きがなく、この壁画の迫力が全く感じられない。
以前は圧倒するほどの存在感があったが、この絵の輝きが失われた。
新しい建物の現代的な感じと秋田の行事が違和感ある。
あそこへ行きさえすれば、という大きな拠り所が失われた。

などの声が上がっています。
(2014年2月)




 「秋田の行事」は8月31日に、平野政吉と藤田嗣治が一体となり建てた現県立美術館(平野政吉美術館)から移設されました。これは、世界に誇れる貴重な文化遺産を崩壊させる、非常に愚かな行為であり、一秋田県民として、強く非難致します。

(2013年8月31日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、建物を活用を検討していながら、2013年6月30日で閉館扱いとなりました。
 平野政吉と藤田嗣治が一体になり、実現させた現秋田県立美術館(平野政吉美術館)は、後世の人々、美術愛好家、若者達、藤田嗣治ファンのためにも残すべきです。
(2013年8月1日)




 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は、「秋田の行事」のためにレオナール・フジタ(藤田嗣治)が助言したものです。
 

 ― 藤田は、「秋田の行事」を礼拝堂のような大空間で観るよう助言し、建物の上方から自然光を採り入れ、壁画に降り注ぐよう助言しました。また、壁画を床から1.8メートルの位置に上げ、両端を少しずつせり出して据え付けたのも、臨場感を狙い、藤田がこの絵に最も良い展示方法を指示したものです。藤田の理念が強く反映されている美術館、展示室は後世に伝えていくべきです。
(2013年5月15日)



関連記事
平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 ~ 永遠に

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について
美の巨人たち 藤田嗣治 「秋田の行事 」 ― 視聴出来なかった秋田県の方々に、一部誌上再現!
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)に展示されている藤田嗣治「秋田の行事」




ブログランキング・にほんブログ村へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • image1080-G.png

  • カテゴリ :未分類 トラックバック:(-) コメント:(-)
    << topページへこのページの先頭へ >>